ドリップコーヒーのOEM、製造やスペシャルティコーヒー豆の卸販売なら辻本珈琲へ

辻本珈琲 TSUJIMOTO COFFEE すてきなじかん

コーヒー豆

20196/11Tue

世界のコーヒー農園 – コスタリカ 食事編 –

コスタリカのフルーツ

 

 

おはようございます。

辻本珈琲のツジモトです。

 

 

今回はコスタリカ出張紀

番外編として現地の食事を少しご紹介(*^-^*)/

 

 

とにかく

南国フルーツが瑞々しく

もう最高です!!

 

 

コーヒー農園には

直射日光を遮る日陰樹として、

また土壌に適度な窒素をとどめるためとか、

がけ崩れの防止、防風などの理由から

バナナやアボカド、ツリートマト、レモン、インガなど

様々な樹木が植えられています。

 

 

農園だけでなく、

宿泊先などでも出されるフルーツは

種類が豊富でどれも美味しく、

コーヒーの風味を説明するときにも

よくフルーツをたとえるので

勉強になりました。

 

 

食事には、

お米もあります(^-^)

グラニートスで頂いたランチ

 

 

写真は、vol.7でご紹介した

グラニートス・マイクロミル

ご馳走になったランチプレート。

 

川魚ですが、

水が綺麗なコスタリカなので

全然臭みがなく美味しかったです。

 

ラリアでコーヒーブレイク

 

お次は、

ラリアマイクロミルでのコーヒーブレイク

 

シナモンロールのようなパンと

産地で頂くコーヒー

 

 

たまりません(*´д`*)エクスタシィー

 

 

朝食

 

ほかには、

きゅうりにトマト、豆や肉も定番です。

 

 

 

コスタリカ カス

 

ランチのお供に

Cas(カス)という

コスタリカの代表的なフルーツを使った

ジュース。

これは万人受けすると思います。

 

タラス ランチ

 

 

タラスの街で食べたディナー。

芋は肉が山盛りでした(^-^)/

 

 

あとは、

やっぱりフルーツなんだと思ったこちら

 

コーヒーチェリー

 

 

コーヒーチェリー!!

品種や栽培地によっても

その味わいは違いがあって

標高の高いところで

しっかり熟したゲイシャ

パッションフルーツを思わせるような

甘さ、ジューシーさがありました☆

 

 

あー、だから

コーヒーになっても

フルーティで甘さがあるんだな!

うまいはずだ!

と納得しました。

 

以上、コスタリカの食事編でした(*^-^*)

 

– コスタリカ コーヒー に関する記事 –

 vol.1 vol.2 vol.3 vol.4 vol.5 vol.6 vol.7 

 

 

 

お気づきの点や、ご要望などは

お電話、メールでのお問い合わせも承っております🌿

 ✉️info@tsujimoto-coffee.com

 📞0725-54-3001

 📞0725-54-3017

担当 しゃちょー 辻本智久

 

 

カフェ、美容室、ホテルの運営者様へ

美味しいコーヒーでお客様に素敵な時間を提供しませんか?

私たちは、産地で買付けしたスペシャルティコーヒー

妊婦さんも安心のカフェインレスコーヒーなど

煎りたての新鮮なコーヒーをお届けいたします。

 

▽ホールセール(卸売り)やドリップバッグ製造のご相談はこちら

ドリップバッグOEM窓口

 

 

カテゴリ: 世界のコーヒー農園 & コーヒーショップ 読みもの

ページトップ