ドリップコーヒーのOEM、製造やスペシャルティコーヒー豆の卸販売なら辻本珈琲へ

辻本珈琲 TSUJIMOTO COFFEE すてきなじかん

コーヒー豆

20195/13Mon

世界のコーヒー農園 – コスタリカ タラス編 – vol.4

サンマルティン農園 ゲイシャ

△サンマルティン農園 ゲイシャ種

 

 

2017年に訪れた

地平線どこまでも

コーヒーノキが広がる

ブラジルとは違い

標高1,500mを超える

山の斜面に栽培される

コスタリカ タラス地方。

 

 

世界のコーヒー農園

-コスタリカ タラス編 – vol.3では

プエンテタラス マイクロミルが

管理するエルポトレロ農園にて

コーヒーチェリーの収穫体験をしました。

 

コーヒーチェリーを運ぶトラック

 

今回のvol.4では、

舗装されていない悪路を

収穫されたコーヒーチェリーを運ぶ

トラックの荷台に揺られ

サンマルティン農園へ移動しました。

2019年2月7日のことです。

 

サンマルティン農園までの道のり

 

標高は1,800mをこえる

山道を駆け抜けていきます。

 

サンマルティン農園までの道り

 

振り落とされないように

荷台につかまり立ちしながら

さながら遊園地のアトラクションにはない

ドキドキと

美しい景色に胸を躍らせながら

なんと標高1,900mを超え

標高2,000mに迫る

サンマルティン農園に行きました。

 

サンマルティン農園から見える景色

 

 

農園から見下ろす景色は

とても感動的で

素人の写真ではお伝え出来ないのが

残念です。

 

コーヒーチェリー

 

タイミングよく

収穫を控えた

とっても

美しいルビー色

熟したコーヒーチェリーを

見ることができました。

 

 

ゲイシャ

 

 

サンマルティン農園内には、

ゲイシャ、ビジャサルチ、

イエローカトゥアイといった品種が

栽培されていました。

 

 

イエローカトゥアイ

 

標高が高いこともあり

ゆっくりと成長する

コーヒーノキは

葉肉があつく

まさに

天(気候)・地(土壌)・人(管理)

三拍子がそろった農園でした。

 

 

ゲイシャのチェリーを

口に吸いこむと

パッションフルーツを思わせるような

甘さ、ジューシーさがありました。

 

収穫したチェリーをはかっている

 

 

農園内では、

手摘みされた

コーヒーチェリーの収量を

測っている様子を見ることが出来ました。

 

 

サンマルティン農園からの帰り道

 

サンマルティン農園を出るころには

すっかり夕暮れ時となり、

来た道をトラックの荷台で揺られながら

宿へと戻りました。

 

 

 

次回、

タラス編 vol.5からは

La Lia(ラ・リア マイクロミル) の

ご紹介できればと思います。

 

– コスタリカ コーヒー に関する記事 –

 vol.1 vol.2 vol.3 vol.4 vol.5 vol.6 vol.7 

 

 

 

お気づきの点や、ご要望などは

お電話、メールでのお問い合わせも承っております🌿

 ✉️info@tsujimoto-coffee.com

 📞0725-54-3001

 📞0725-54-3017

担当 しゃちょー 辻本智久

 

 

▽コスタリカ も入った季節のスペシャルティコーヒー豆3種お試しセット

季節のスペシャルティコーヒー豆 お試しセット

 

 

カテゴリ: 世界のコーヒー農園 & コーヒーショップ

ページトップ