ドリップコーヒーのOEM、製造やスペシャルティコーヒー豆の卸販売なら辻本珈琲へ

辻本珈琲 TSUJIMOTO COFFEE すてきなじかん

コーヒー豆

20193/6Wed

世界のコーヒー農園 – グァテマラ アンティグア – vol.7

グァテマラ 辻本珈琲

 

 

 

世界のコーヒー農園

グァテマラ アンティグア編

書き出すと

伝えたいことが次々と

vol.7まで来てしまいました。

 

 

トップ画像は、

今回の買付には至りませんでしたが

フエボ火山の麓、

カンデラリア農園。

 

こちらも

vol.6でご紹介した

La Folieと同様に

ルイス・ペドロ・セラヤ氏が

所有し管理する農園です。

 

カンデラリア農園 ルイス・ペドロ・セラヤさん

△左がルイス・ペドロ・セラヤさん

 

 

 

フエボ火山は、

活火山で

カンデラリア農園へいった際も

噴火していました。

フエボ火山

△フエボ火山

 

 

カンデラリア農園は

250ヘクタールという

広大な農園面積で

さらに森が300ヘクタール

広がっています。

 

カンデラリア農園 生産者さんと

△農業技師さんとハイチーズ

 

 

年間生産量は

9,000袋とかなりの生産量です。

標高が低い1230mくらいの場所では、

オバタンと呼ばれる

サビ病にも強く生産性の高い

ハイブリット品種が栽培されていました。

 

カンデラリア農園

 

 

土壌は

コーヒー栽培に適した

火山灰土壌で

少し灰色がかっていました。

 

標高1,350mくらいから

ブルボン、B300、カトゥーラ

スペシャルティグレードも

栽培されています。

ひょっこりはん ルイス・ペドロ・セラヤ

△ひょっこりはん  いえ、ルイス・ペドロ・セラヤ氏

 

3年に一度は

カットバックされています。

カットバックとは、

コーヒーの木の幹を

地上30~40cmくらいのところで

バサッと切ってしまうことです。

適正なカットバックをすることで

コーヒーの木は樹勢が良くなり

長生きするそうです。

 

元気なコーヒーの木

△瑞々しく綺麗なコーヒーの木

 

コーヒーノキを

直射日光から守る

シェードツリーは

インガとよばれる豆科の

高木でした。

 

 

シェードツリー

 

 

ルイス・ペドロさんは、

グァテマラ アンティグアで

No.1アグロノモ(農学者・農業技師)と言われています。

 

 

温和な雰囲気で

オラオラ系な方ではなく

今回実際いくつか農園を視察させて頂き

適切な施肥、シェード管理、

カットバック、

そしてベジャ ビスタ農園にある

精製処理工場では

丁寧な水洗処理や乾燥で

美味しいコーヒー作りを努めておられます。

 

ルイス・ペドロ・セラヤさんと辻本

△ルイス・ペドロ・セラヤさんと辻本

 

 

アンティグアを代表する農園主としても

成功を収めているセラヤ氏ですが

驕ることなくカッピング評価に基づき

改善を繰り返し

より良いスペシャルティコーヒーの栽培も

積極的にされています。

 

 

すっかりファンになりました(^-^)

 

 

ちなみに

 

 

カンデラリア農園の入り口付近には

苗場があり

まだまだ小さなコーヒーノキの赤ちゃん

たくさんいました。

コーヒー種子から芽がでたところ

 

カンデラリア農園

 

 

 

次回vol.8では

買付を決めました

ダリオという小農家さんを

ご紹介いたします。

 

 

 

お気づきの点や、ご要望などは

お電話、メールでのお問い合わせも承っております🌿

 ✉️info@tsujimoto-coffee.com

 📞0725-54-3001

 📞0725-54-3017

担当 しゃちょー 辻本智久

 

 

 

[ 商品紹介 ]

三寒四温で

雨が降るたび、

温かくなり

厚手のセーターも

そろそろ

クリーニングかなと

感じる3月6日。

 

 

もう少し冬でいさせてと

完売しておりました

スペシャルドリップコーヒー

『WINTER winter WINTER』

再販決定しました。

 

 

▽第3弾 辻本珈琲15周年記念福袋にも入っています(*^-^*)/

ゲイシャも入ったドリップコーヒー福袋

 

カテゴリ: 世界のコーヒー農園 & コーヒーショップ

ページトップ