ドリップコーヒーのOEM、製造やスペシャルティコーヒー豆の卸販売なら辻本珈琲へ

辻本珈琲 TSUJIMOTO COFFEE すてきなじかん

コーヒー豆

20199/20Fri

世界のコーヒー農園 – コスタリカ ウエストバレー編 – vol.3

コスタリカ エルバス

 

 

 

世界のコーヒー農園 – コスタリカ ウエストバレー編 – vol.3

今回は、ウエストバレーで

100年以上と古くからコーヒー農園を運営する

生産者さんをご紹介します。

 

 

過去COE優勝農園を輩出する

ウエストバレー地区、

標高1,500mにエルバス・マイクロミルがあります。

 

アントニオ・バランテス

 

生産者アントニオ・バランテスさんは

レオンシオ農園で

8年の期間を費やし栽培した品種SL28で

2015年COE1位を獲得しています。

 

 

訪れた6月は

収穫期、生産繁忙期がひと段落した時期でしたので

ゆっくりと農園や精製処理工場(ミル)を案内してくださいました。

 

 

今やウエストバレーを代表する

名門ミルとして卓越した生産技術をもつ

バランテスさん一家は、

コスタリカ・マイクロミル革命のパイオニア

言われています。

 

 

△繁忙期を終えヒトトキの休業となる機械

 

バランテスさんは、

2001年に自前のエルバス・マイクロミルを建て、

自ら生産処理、乾燥を行い

優れたハニーコーヒーの作り手となりました。

 

 

レオンシオ農園では、

カトゥアイ、カトゥーラ、ビジャサルチの他

ケニア、SL28、ゲイシャなどの希少種

栽培しています。

 

 

品種と土壌の適合性、相性にも

おおきなコダワリを持ち、

木と木のスペースや肥料の量、

有機、化学それぞれ枝葉用の肥料など

コストをかけて管理することで

毎年、安定した収穫量とクオリティを

実現しています。

 

 

品質の追及は終わることなく

2015年COEで優勝した際の賞金で

新たにビニールハウスの乾燥場を設置するなど

最高のコーヒー作りを今も継続しています。

 

 

 

△ウエストバレーの農園 車窓から(動画 You Tube )

 

 

次回vol.4では、

辻本珈琲が運よく買付けすることができました

Sin Limites(シンリミテス)をご紹介いたします。

 

 

お気づきの点や、ご要望などは

お電話、メールでのお問い合わせも承っております🌿

 ✉️info@tsujimoto-coffee.com

 📞0725-54-3001

 📞0725-54-3017

担当 しゃちょー 辻本智久

 

 

カフェ、美容室、ホテルの運営者様へ

美味しいコーヒーでお客様に素敵な時間を提供しませんか?

私たちは、産地で買付けしたスペシャルティコーヒー

妊婦さんも安心のカフェインレスコーヒーなど

煎りたての新鮮なコーヒーをお届けいたします。

 

▽ホールセール(卸売り)やドリップバッグ製造のご相談はこちら

ドリップバッグOEM窓口

 

 

カテゴリ: スペシャルティコーヒー 世界のコーヒー農園 & コーヒーショップ 読みもの

ページトップ