お知らせ

白いラクダでコーヒーの源流をたどりませんか?

ご覧いただきありがとうございます。
辻本珈琲の辻本です。

コーヒーが現在のように豆を焙煎して、
抽出した液体を飲用として広まったのは15世紀頃のイエメンと言われています。

宗教や政治的な理由で非難の対象となった時期もありましたが
その豊かな香りと味わいは世界中に広がり
今では日常に欠かせない飲み物となりました。

この度、辻本珈琲ではイエメンに今も残る
希少な在来種のみを使用したスペシャルティコーヒー豆「ホワイトキャメル」だけを使用した
スペシャルドリップコーヒーをリリースしました。

スペシャルドリップコーヒー ホワイトキャメル

その味わいは、とってもチャーミングで
袋を開封すると花のような華やかな香りが広がり
丁寧に抽出したコーヒーは、柔らかなラズベリーのような甘酸っぱさがひろがります。

ホワイトキャメルを味わいながら
悠久のコーヒーの歴史を辿ってみませんか?

スペシャルドリップコーヒー「ホワイトキャメル」販売はこちら
スペシャルドリップコーヒー ホワイトキャメル

Online Shop